ハイブリッド蓄電システムも登場です
太陽光発電で電気自動車をお家で充電
太陽光発電で「ためて・使って」自給自足
太陽光発電メンテナンス
EV・PHEVコンセント工事
LED・照明工事
インターホン工事
エアコン・冷暖房工事
オール電化工事
コンセント工事
スイッチ工事
テレビ・アンテナ工事
換気扇工事
その他
ドローン
ロープアクセス高所作業
太陽光発電
太陽光発電メンテナンス
家庭用蓄電システム
2019年8月
2018年3月
2018年1月
2017年9月
2017年6月
2017年4月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2018年3月24日
EV・PHEVコンセント工事

今回は県内でPHEVコンセント一式を施工致しました。

完成の写真がこちらです。

黒い縦長のものがバッテリーで白いトリガーのようなものを車の給電口に挿して充電します

こちらはバッテリーを固定しておくスタンド兼コンセントです

コンセント?どこにあるの?と思われる方もいらっしゃるかと思うのですが

実は内部に隠されています

上部にある鍵穴がついたシルバーの蓋を開けると中にコンセントが現れる仕組みになっていました

こちらはトリガー部分に給電するためのコンセントとなっております

鍵付きなので盗電対策もバッチリですね!

アップで見るとこのようになっております。

バッテリー固定スタンドの台座です。

トリガーを差し込み収納するためのホルダーです。

右側に設置されている黒いものがホルダーです

こちらにトリガーを収納します。

先ほど紹介したシルバーの台座部分も写っていますね。

PHEVコンセントの増設工事という事で、電圧など適したブレーカーを取付ける必要があります。

 

 

 

こちらは施工前の写真です。

ここにコンセントを設置していきます。

追って作業手順を説明させていただきます。

まず、固定スタンド内部にあるコンセントまでケーブルを引き込むために穴を開けます。

このように開きました

屋内から壁の中を伝って屋外へとケーブルを引き出します。

スチールを壁の中へ通してケーブルを引き出します。

 

上手く引き出したら、雨水の侵入を防ぐ為に発泡ウレタンを注入します

充填し終わりましたら、壁にゴム製のパッキンを取付けます

こちらも雨水の侵入を防ぐ為のものです

ケーブルの先に棒端子を圧着して本体に接続します

設置完了です

充電トリガーのホルダーも設置しました

設置自体は完了したのですが、若干壁との隙間が開いています

コーキングをして隙間を確実に埋めていきましょう

結構早めに乾いてしまうので手早く施工していきます

バッテリーとトリガーを取付けて屋外の施工は終了です

こちらは屋内配電盤内部の写真です右下に見えます白い蓋でカバーされている部分に

新しいブレーカーを取付けていきます

 

取り付けましたので、ここに新しく引いたケーブルを差し込んでいきます

ここでも棒端子の出番です

端子カバーを取付けます

付け終わりました

早速接続していきます

 

接続しました

下にEVコンセントであることを示すステッカーを貼って屋内の作業も終了です

これにて屋内外の作業がすべて完了致しました

ここまで読んでくださりありがとうございます

 

施工事例一覧

当社は、茨城県水戸市を中心に各種電気工事のご依頼を承っております。 遠方からのご依頼の場合もご対応可能な場合ございますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
〒310-0853 茨城県水戸市平須町1820-264
TEL 029-297-1012 FAX 029-297-1013
当社のポイント
事業内容
ご依頼の流れ
料金一覧
施工事例
会社概要
お問い合わせ
サイトポリシー
プライバシーポシリー
Copyright (C) 2016 TECHNITY Corporation. All Rights Reserved.